つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




積立NISA(つみたてNISA)

インド株だけを買いたければ、つみたてNISA以外で運用しよう

投稿日:2019年9月20日 更新日:

つみたてNISAでインド株に投資できるか

この話は、昨日の中国株の話とほぼ同じ結論になります。

すなわち、

  • つみたてNISAでインド株式「だけ」に投資することはできない
  • インド株に投資したければ「新興国株式ファンド」を利用する
  • どうしてもインド株「だけ」に投資したければ、つみたてNISA以外を利用する
eMAXIS slim新興国株式インデックスの投資先
中国株だけを買いたければ、つみたてNISA以外で運用しよう

つみたてNISAはたしかに多くの個人に最適な制度ですが、投資できる商品が限られているのも事実です。 例えば、 中国株 台湾株 他、ASEAN株など といったアジア市場の株式は「新興国株式ファンド」とい …

続きを見る

「インド株だけに投資したい」といった願望は、つみたてNISAでは叶いません

つみたてNISA以外の投資も併用することで、インドに投資していきましょう!

[スポンサーリンク]

おさらい:つみたてNISAでインド株に投資する方法

インド株「のみ」に投資する、つみたてNISA対象投信はありません

インド株のみに投資する、つみたてNISA対象の投資信託はありません。

つみたてNISAでは日本と米国を除くと、後は先進国や新興国といったくくりでしか運用できないようになっています。

つみたてNISAでインド株に投資する2つの方法

新興国株式ファンド(MSCIエマージング連動)を買う

というわけで、中国株の事例と同じようにMSCIエマージングマーケットインデックスに連動する新興国株式ファンドを購入します。

新興国株ファンドを買うことで、その中にいくらか含まれているインド株に投資することになる、という話ですね。

MSCIエマージングと、ACWI、Worldとの比較
「MSCIエマージングマーケットインデックス」の特徴。中国等の新興国株式に投資できるよ

MSCIエマージングマーケットインデックス(Emerging Market Index)は中国や台湾・韓国などの株価から算出される指数です。日本は含まれません。主に新興国の株価動向を見る際に使われると …

続きを見る

★つみたてNISA対応の新興国株式ファンド

新興国株ファンドで特に強いのはeMAXIS Slim 新興国株式インデックスですね。

マザーファンド含め、純資産が巨大です。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの投資先を見ると、インド株の投資比率は約9%です。

この比率は中国株に比べると低めで、正直「インドに投資している」という気分を味わうには物足りないですね。

eMAXIS slim新興国株式インデックスの投資先

出典:https://emaxis.jp/pdf/koumokuromi/252878/252878_20190725.pdf

全世界株ファンド(ACWI連動の投資信託)を買う

全世界株式ファンド(MSCI ACWI連動の投資信託)でも、ある程度インド株は含まれます。

ただ、全世界株式ファンドは資産のほとんどを先進国株で運用するため、新興国株式ファンドよりもインド株比率は低くなります。

例えば、筆者が投資する三井住友DCつみたてNISA全海外株インデックスファンドも、インド株式を含んでいますが、その比率はなんと1.1%とかなり少ないです。

三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンドの資産配分

出典:https://www.smam-jp.com/fund/pdf/151509k.pdf

インド株だけに投資したければ、一般NISAが良い

つみたてNISAではインド株「だけ」に投資できないのだから

ご覧のように、つみたてNISAだけでは、インド株に十分に投資することはできません。

もし、あなたが「もっともっとインド株に投資したい」と思ったら、一般NISAを選んだほうが良い結果になります。

一般NISAを利用すると、

  • 国内ETF
  • 海外ETF
  • 全ての投資信託
  • 外国株式

も対象になるので、インド関連の商品をもっと選べるようになるからです。

インド株のETFや投資信託を選ぼう

中国株と異なり、個人投資家がインドの株式を直接買うのはハードルが高いです。

というのもインド株式の売買には規制があるためで、一般的には

  • 米国株式のADR(預託証券)を利用する(SBI証券、楽天証券、マネックス証券)
  • インドに投資する投資信託やETFを利用する

のいずれかを選ぶことになります。

なんでも、インドで直接証券口座を開かないといけないとか。

個人にとっては後者の投資信託やETFを利用したほうが簡単で、これらを一般NISAで買うとお得ですね、という話です。

ただ、一般NISAの購入期限は2023年末まで(税制が変わらない限り)ですので、これから利用するのはちょっと時期を逃してるとも言えます。

というわけで、海外ETFで買うことにしよう

投資信託はアクティブばかりで選定が難しい

インドに投資する投資信託は種類が多く、SBI証券でインド関連の株式ファンドを検索すると16件も出てきます。

このうち、インデックスタイプの投資信託はなんと0件で、16件すべてがアクティブ運用するタイプのものです。

いずれも信託報酬が1%以上と高く、将来にわたって高い成績を出す投資信託を選ぶのは難しいため、個人的には海外ETFの利用をオススメしたいです。

iTrustインド株式とかあるけど、ベンチマークなしで運用するのはちょっとなあってところ。

インド株に投資する海外ETF

筆者が利用するSBI証券で扱う海外ETFで、インド市場に投資できる商品は以下の通り

  • ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
  • Direxion デイリー MSCI インド株 ブル3倍 ETF(INDL)
  • ヴァンエックベクトル インド小型株ETF(SCIF)

※カッコ内はティッカー(日本の証券コードのようなもの)

種類が少ないですが、EPIとか買っておけば良さげでしょうか。

WisdomTree India Earnings Fund | WisdomTree

2019年9月19日現在で1口22ドルと投資しやすく、1口あたりで0.22ドル前後分配金がでています。

国内ETFでもインドに投資できます

国内市場にも、NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信(証券コード:1678)というETFが上場しています。

NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信 | NEXT FUNDS

ただ、このETFは実質的に株価指数連動の先物に投資しており、現物資産は持ってないようです。

NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信の投資先

出典:https://www.nomura-am.co.jp/fund/pros_gen/Y1141678.pdf

これまで分配金の実績はありませんので、株価の値上がりで利益を取りたい場合に利用することになりますね。

NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信の分配実績

出典:https://www.nomura-am.co.jp/fund/monthly1/M1141678.pdf

つみたてNISAと併せて利用しよう

個人的には、つみたてNISAを資産形成の主軸に、特定口座(課税口座)でEPIや1678の保有をオススメします。

その場合には、つみたてNISAで先進国株式や米国株式などを中心に保有しておくと、バランスが取れて良いかもしれませんね。

つみたてNISAで新興国株式への投資は必要なのか?

「つみたてNISAで新興国への投資は必要なのか?」 これは筆者も疑問に思ってたところなので、一緒に考えてみたい話題です。 経済成長すれば株価も上がるでしょ? 人口増えれば株価も上がるでしょ? 新興国っ …

続きを見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAではインド株だけに投資することはできない。「新興国株式」としてひとまとめに投資する。または、全世界株式ファンドの中にも含まれる
  • 例えば、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスに投資すると、投資したお金の約1割がインド株で運用される
  • 本格的にインド株に投資したければETFを利用しよう。もしくは米国株式を購入できる証券会社でADRを利用する

余談:インドに投資したいけど、旅行先としては微妙??

これは個人的な話ですけど、インド株には関心あるんですけど、旅行先にインドを選ぶのは怖いと思っていますw

インドって詐欺とかタクシーでぼられるとかそういう話を良く聞くので。

そういう地域にお金を投資するのはどうなんだろう?とたまに自問自答しています。

いや、みんながみんなそんな悪人ってわけじゃないでしょうけどw

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
SBI証券で抽選でTポイントを貰えるキャンペーン実施中!総額2000万円相当(2019年9月30日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年10月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.