ゴールド(米ドル建て)の30年利回りを求めてみた

3. 商品選択と組み合わせ




過去40年のゴールド先物価格(米ドル建て)を使って名目利回りを求め、そこから実質利回りも推定してみました。

★ゴールド(米ドル建て・利回り)

  • 名目利回り:4.2%
  • 実質利回り:0~2%程度

以下、詳しく見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

ゴールドの名目利回りは約4%

Investingで配布されている、ゴールド先物価格(ドル建て)を利用し、1980年1月1日から2020年8月6日までの保有期間リターン(ローリングリターン)を求めてみました。以下がその求めたグラフです。

ゴールドの30年ローリングリターン

1980年から2020年のどこかで1年間ゴールドを保有した時の利回りは約-41%~+68%の間に収まりました(グラフの一番左)。良いタイミングで投資できるとプラスのリターンになり、悪いタイミングで投資するとマイナスリターンになるというわけです。

保有年数をもっと長くし、10年間ゴールドを保有した時の利回りは約-7%~+21%に収まりました。保有期間が長くなったため、複雑な相場を経験し、利回りも「均された」ためです。

さらに保有年数をもっと長くし、30年間ゴールドを保有した時の利回りは約1%~+6%に収まりました(グラフの一番右)。ここまでくると、どれだけ運が悪くとも、投資した元本以上にお金が増えたことになります。

このゴールドの利回り中央値を見ると、運用年数を問わず、約1%~5%の間に収まります。今回の計算では、25年を超えた時の米ドル建てゴールドの利回り中央値は約4%でしたので、1980年から2020年のゴールドの名目利回りは4%程度と考えるとよさそうです。

1980‐2020年のゴールド名目利回り
中央値平均値
利回り4.24.2

参考までに、Seeking Alphaで紹介されていたドル建てゴールドの利回りは年5.68%でした。運用期間が多少異なるので、数値も異なりますが、だいたい似ていると感じます。

つまり、ゴールドは「配当がないからお金が増えない」なんてことはなくて、値上がり益だけで年4%ぐらいは増えてきたことになります。

ちなみに、この試算では28年以上ゴールドを保有すると、どんなに悪いタイミングで投資しても元本割れはなくなりました。28年はちょっと長いですね(笑)

実質0~2%ぐらい

以下の記事で紹介したグラフ(米国消費者物価指数)を参考にすると、ゴールドの実質利回りは0~2%程度でしょうか。

ゴールドはインフレ対策になるか?
ゴールドを用いたインフレ対策(インフレヘッジ)について考えてみたというお話です。コロナショック以降、インフレを懸念する話を見かける機会が増えたためです。 ★コロナショック以降のインフレ懸念 ...

ゴールドの価格推移というと、以下のシーゲル教授のグラフを思い出しますが、本質的な価値は変わらないのでしょうね。お金が増えているから、ゴールドの価格が上がっている(お金の価値が減っている)だけで。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 過去40年の相場を用いたゴールド(ドル建て)の名目利回りは約4%
  • インフレ率を考慮したゴールドの実質利回りは0~2%程度
  • ゴールドの価格は上がっているが、それはお金の価値が下がっているから。ゴールドの本質的な価値は変わっていない

他のゴールドの話題はこちらから。

純金・ゴールドの解説と記事一覧
ゴールドは希少な金属の1つです。ゴールドをアセットアロケーションに加えることで、特に下落相場でのリターンの向上が見込まれます。また、インフレヘッジ商品としての特徴も有します。 ゴールドの話題は下記ブロ...

円建てでのゴールドの価格も求めたので、下記記事にて紹介しています。

ゴールド(円換算)の30年利回りを求めてみた
過去30年のゴールド先物価格を円建てに換算して利回りを求めてみました。たとえ、海外ETFを使ってゴールドに投資していたとしても、日本人にとって大切なのは円建てでの価値です。 ★ゴールド(円換...

コメントは承認後に表示されます。