口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







【小ネタ】為替ヘッジありの新興国債券は意外と頑張ってくれるかも【非推奨】

国内債券・先進国債券(為替ヘッジ)・新興国債券(為替ヘッジ)の比較アセットアロケーション(資産配分)

結論から述べると、この図が物語るように、新興国債券の為替ヘッジ付きは過去なかなか良いパフォーマンスを発揮しました

これって将来も美味しいかも?って話です。

為替ヘッジ付きの新興国債券ファンドはなかなか貴重で、つみたてNISAやiDeCoでの運用できません(たぶん取り入れてるプランが無いはず)。

なので、積み立ての本命にはなりませんが、ネタ要因として脇を固めるには良いかなーと思った次第です。

以下、詳しく解説。

投資を楽しみたい人向けの話です。

ただ、お金を運用できればそれで良い人は、新興国債券ファンド(為替ヘッジがあっても無くても)など買う必要はありません

[スポンサーリンク]

為替ヘッジ付きの新興国債券に驚いた話

実績利回りが結構高い

改めてこの図を。

国内債券・先進国債券(為替ヘッジ)・新興国債券(為替ヘッジ)の比較

出典:投信アシスト

この図は投信アシストから引用した、国内債券・外国債券(為替ヘッジ型 ※先進国債券のこと)・新興国債券(為替ヘッジ型)の2003年から2019年までのパフォーマンスを比較したものです。

どれも緑色で表示されていて違いが分かりにくいのですが。

この中で新興国債券(為替ヘッジ型)は年率リターン6.1%、リスク8.7%とかなり安定的なパフォーマンスを出しました

しかも為替ヘッジのおかげで、新興国債券特有のリスクの大きさもうまくカバーされています。

投資信託の為替ヘッジの基本と「必要である」と考えている理由
為替ヘッジとは、為替の変化にともなう損失を防ぐための取引です。 外国の株式や債券に投資するとき、為替変動に伴う損益はしばしば資産をハイリスクなものに変えてしまいます。例えば、つみたてNISAなん...
新興国債券為替ヘッジの有無とパフォーマンスの比較
リターンリスク
ヘッジなし6.0%13.4%
ヘッジあり6.1%8.7%

出典:投信アシスト(2019年2月24日時点)

昔、新興国債券について、「利回りが高くても為替で負けるよ」的な記事を書いたことがあります。

新興国債券クラスへの投資はどう考える?
新興国への投資に関する指名検索があったので、筆者の考えを紹介します。 テーマは「新興国債券(エマージング債)」です。 とはいえ、筆者は新興国債券にはほとんど投資していないのでよくわ...

でも、このパフォーマンスを見せられると、「いやいや、為替リスクを考慮しても、利回り高いじゃん」って感じに思えますね。

実際の商品の実績で確認してみると

為替ヘッジ付きの新興国債券ファンドには以下のような商品があります。

  • 野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型
  • eMAXIS 新興国債券インデックス(為替ヘッジあり)

このうち、「野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型」のパフォーマンスを見てみると、2010年10月から現在までの利回りはおおよそ2.7%でした。

先進国債券(米国債)と同等かやや高いぐらいですね。

将来予測

将来もけっこう利回りが高い?

JPモルガンアセットマネジメントの将来予測では為替ヘッジ付きの新興国債券を

と予測しています。

割と高めのリターンとそこそこ抑えられたリスクで、悪くないと個人的には感じました

もちろん、これを鵜呑みにして新興国債券にお金を預けるのは考え物ですが、「ネタ要因」として保有するのは悪くないと思うわけです。

いわゆる「コア・サテライト」のサテライト部分ですね。

投資リスク

JPモルガンの予測データでは、為替ヘッジ付きの新興国債券は株式とある程度強い相関関係があると示されています。

これは先進国に投資家が新興国に投資をしていたり、どうしても経済が脆弱であったりと、株式同様に世界的なリスクオフ局面で売られやすい特徴を持つためです。

冒頭で述べたように、筆者個人は、趣味でアセットアロケーションを組んでるような人で無い限り、新興国債券を検討する必要は無いと思っています。

たまに新興国債券をアセットアロケーションに加えるように書いてる書籍もありますが、「本当に必要なのでしょうか?」といったところです。

例えばこの本は40代向けのポートフォリオに新興国債券(ヘッジなし)を10%入れています。

繰り返すように今回の記事は「遊び心があるインデックス投資家向け」の話です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 為替ヘッジ付きの新興国債券の過去のパフォーマンスが6%台となかなかの高利回りだった。それでいて、リスクは抑えられていた
  • 将来もある程度の利回りを確保できるかも。しかし、株式と同じような特徴を持っているので、「安定的な債券」とは考えないほうが良い
  • そもそも、投資を楽しみたい人でもなければ、新興国債券をアセットアロケーションに加える必要は無い

オススメはしませんが、割と驚愕の運用成績だったので、記事にしてみた、というものです。

正直冒頭のグラフが全てなので、文字数埋めるのはちょっと大変でしたw

コメント

コメントは承認制です。運営者が承認するまで、投稿は表示されません。

タイトルとURLをコピーしました