eMAXIS バランス(4資産均等型)の特徴。伝統的資産に投資する、やや高コストなファンド

4. 投資信託・ETF商品解説




eMAXIS バランス(4資産均等型)は日本と先進国の株式と債券に投資する商品で、かつての低コストファンドシリーズ「eMAXISシリーズ」の1つに属しています。

8資産均等型に比べると人気の低い4資産均等型ですが、現在は以下のような低コスト商品が販売されており、eMAXIS バランス(4資産均等型)を選ぶ強い理由はなくなりました。

  • ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型):ネット証券で運用したい場合に
  • JP4資産均等バランス:ゆうちょ銀行で運用したい場合に
  • つみたて4資産均等バランス:銀行などで運用したい場合に

なお、つみたて4資産均等バランスとはマザーファンドが同じですので、ほぼつみたて4資産均等バランスがeMAXIS バランス(4資産均等型)の上位互換と言って良いと思います。

[スポンサーリンク]

eMAXIS バランス(4資産均等型)の特徴

eMAXIS バランス(4資産均等型)(協会コード:03316158)は三菱UFJ国際投信が運営する低コストインデックスファンドの1つです。

eMAXIS バランス(4資産均等型) | 三菱UFJ国際投信

eMAXISシリーズはかつての低コストインデックスファンドシリーズで、現在はeMAXIS slimのほうがよく選ばれています。

信託報酬や純資産などの基本情報

eMAXIS バランス(4資産均等型)の特徴(2019年11月06日時点)
投資先日本と先進国の株式・債券
ベンチマーク合成指数
購入手数料0%
(ノーロード)
信託報酬0.55%
実質コスト0.568%
信託財産留保額0%
換金手数料0%
運用期限
(償還日)
無期限
(償還なし)
純資産約19億円
つみたてNISA
iDeCo

※消費税10%対応

信託報酬ランキング(2019年11月)

108位

SBI証券で2019年11月6日時点で取り扱う153本のつみたてNISA対象投信との比較。

マザーファンド純資産と売買高比率

eMAXIS バランス(4資産均等型)の仕組み

出典:https://emaxis.jp/pdf/koumokuromi/261314/261314_20190427.pdf

マザーファンドは以下の4つのファンドから成り立ちます。

マザーファンド純資産と売買高比率(2019年1月28日時点)
ファンド名投資先ベンチマーク純資産売買高比率
TOPIX
マザーファンド
日本株式TOPIX2760億円1.45
外国株式インデックス
マザーファンド
日本を除く先進国株式MSCIコクサイ3372億円
日本債券インデックス
マザーファンド
日本債券野村BPI5443億円1.29
外国債券インデックス
マザーファンド
日本を除く先進国債券FTSE世界国債1203億円

日本と先進国の株式と債券に投資

数年前の定番ファンドの1つだが、今はslimシリーズを選んだほうが良い

4資産均等型の投資国

出典:日本と先進国のカバー範囲

eMAXIS バランス(4資産均等型)は日本と先進国の株式と債券に投資します。

この4つの資産は「伝統的資産」とも呼ばれ、かつてから資産運用によく利用されてきました(わかりやすいところでは、公的年金の運用先はこの4つの資産です。ただし投資する比率がやや違います)。

出典:https://emaxis.jp/pdf/koumokuromi/261314/261314_20190427.pdf

ただ、冒頭でも述べたように、2019年現在でeMAXIS バランス(4資産均等型)はやや高コストで、現在はもっと低コストに運用できる4資産型が増えています。

  • ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型):ネット証券で運用したい場合に
  • JP4資産均等バランス:ゆうちょ銀行で運用したい場合に
  • つみたて4資産均等バランス:銀行などで運用したい場合に

特に、つみたて4資産均等バランスはマザーファンド部分がeMAXIS バランス(4資産均等型)とまったく同じです。

ベビーファンド部分がヘマをやらかさない限りは、より信託報酬の低いつみたて4資産均等バランスのほうがeMAXIS バランス(4資産均等型)よりも高い成績になります。

4資産・6資産・8資産はどれが?

純資産ベースでは8資産均等型のほうが人気ですね。

eMAXIS バランス(4資産均等型)には「slim」版がでなかったことからも、そのことをあらわしていると思います。

過去の実績を見る限りは、4資産均等型は8資産均等型よりもローリスクローリターンな成績を期待できます。

その理由は債券比率が高いためです。

ただ、「最大瞬間風速」的には8資産均等型のほうがローリスクなケースもありますし、4資産均等型は国内株式比率が25%と一般的な時価総額比率に対してやや高めな点を回避する方もいらっしゃいます。

ちなみに個人的には「4資産均等配分」という比率は好きです。

購入できる金融機関

ネット証券や銀行などでそれなりに広く販売

eMAXIS バランス(4資産均等型)を購入できる金融機関 | 三菱UFJ国際投信

証券会社中心ですが、一部の銀行などでも販売しています。

とはいえ、現在はつみたて4資産均等バランス等もありますから、

  • ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型):ネット証券で運用したい場合に
  • JP4資産均等バランス:ゆうちょ銀行で運用したい場合に
  • つみたて4資産均等ランス:銀行などで運用したい場合に

それぞれ選ぶと良いと思います。

iDeCoで購入できます

eMAXIS バランス(4資産均等型)は三菱UFJ銀行のiDeCo(ライトコース)で購入可能です。

運用商品一覧 ライトコース | 三菱UFJ銀行

[スポンサーリンク]

まとめ

  • eMAXIS バランス(4資産均等型)は日本と先進国の株式と債券に投資するバランスファンド
  • マザーファンドはつみたて4資産均等バランスと共有。ほぼeMAXIS バランス(4資産均等型)の上位互換と捉えて良い
  • 4資産均等型と8資産均等型では後者のほうが人気。eMAXIS バランス(4資産均等型)に「slim」版が登場しなかったこともそれを表す(ただし、4資産は個人的に好き)

今ならつみたて4資産均等バランスやニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型)のほうがオススメです。

コメントは承認後に表示されます。