青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

投資信託の銘柄

SBI資産設計オープン(資産成長型)(スゴ6)に積立投資して30年後に資産を築く

投稿日:2017年8月21日 更新日:

一時期のバランスファンドと言えば、

がよく名前が挙がっていました。

最近でこそライバルがたくさん増えてきましたが、あなたも投資信託の取引経験があれば、この3つの名はご存知なのではないでしょうか。

この記事ではSBI資産設計オープン(資産成長型)、いわゆる「愛称:スゴ6(スゴロク)」に焦点を当てたいと思います。

SBI資産設計オープンは三井住友トラスト・アセットマネジメントが運営する投資信託で、その名の通りSBI証券でのみ購入できる投資信託です。

以下では、SBI資産設計オープン(資産成長型)に毎月2万円を投資した場合、30年後の将来にいくらになるか乱数シミュレーションを利用して算出してみます。

以下で述べる計算結果は、あなたの将来の運用成績を保証・約束するものではありません

[スポンサーリンク]

SBI資産設計オープンの特徴

他の投資信託に対する利点

  • 投資配分が国内50%、海外50%という分かりやすさ
  • 新興国への投資は行わない

債券40%、株式40%、REIT(不動産投資信託)20%という配分は、SMTインデックスバランス・オープンに積立投資して30年後に資産を築くと同じ配分です。

SMTインデックスバランス・オープンに積立投資して30年後に資産を築く

様々な資産に投資を行うバランスファンドはたくさんあるんですが、この記事ではSMTインデックスバランス・オープンに焦点を当てたいと思います。 三井住友トラスト・アセットマネジメントが運営する投資信託です …

続きを見る

ただし、国内への投資比率が10%台と低いSMTインデックスバランスオープンに比べ、SBI資産設計オープンは国内50%、海外50%としているのが特徴です。

定性的には為替リスクが少なくなるので、安定性が高まることを期待できるでしょうか。

また、リスクが高くなりがちな新興国への投資は行わないため、資産設計の名にふさわしい配分になっていると思います。

他の投資信託に劣る点

  • 信託報酬が0.7344%(2017年の最低水準には及ばない)
  • 国内資産が多くなりすぎる

信託報酬は2017年代の最低水準に及びません。というか、0.54%前後で運用できる世界経済インデックスファンドやeMAXIS 8資産均等型よりも高いため、そこでのロスが気になるところです。

それも影響してか、最近の資産流入額は少なめになっています。

以下はSBI証券のウェブサイトで閲覧できる月次資金流出入額ですが、2016年末以降は流入額が少なくなっています。

「トランプ相場」の利益確定などもありそうですが、2015年ごろに比べると、資金が他の投資信託に流れている可能性も否めないと思います。

また、国内への投資比率が50%です。私たちが普段現金や預金を保有していることを考えると、国内資産の比率が高くなるのもデメリットと言えると思います。

リスクとリターン

SBI資産設計オープンのリスク・リターンは、myINDEXの過去20年間のデータを利用しました。

例えば、2017年8月21日現在であれば、

  • リターン:5.1%
  • リスク:10.8%

です(1997年8月~2017年7月)。

バランスファンドの中で見れば、高からず低からずといった位置づけでしょうか。

実際には、信託報酬分が0.7344%引かれることも考慮すると、年平均の利回りは4%程度出れば良いのかと思います。

平均なので、毎年きっちり4%の利回りではない点に注意してください。

インデックス投資で失敗する前に知っておきたいこと

よく、資産形成はインデックスファンドを利用した「インデックス投資」が良いと言われます。 筆者もそうだと思いますし、実際にインデックスファンドを利用した積立投資も実行しています。 が、インデックス投資に …

続きを見る

検証:30年後の運用成績を算出

それでは、乱数シミュレーションを用いて、30年間、毎月2万円ずつ積立投信した場合の予想成績を算出します。

以下で述べる計算結果は、あなたの将来の運用成績を保証・約束するものではありません

計算結果:あなたの資産は30年後にいくらになるか

というわけで、上述の条件で30年運用したと仮定した計算結果です。

なお、単純に現金を積み立てると、30年後は2万円 × 12ヶ月 × 30年 = 720万円です。

計算回数 1,000回
運用年数 30年
総投資金額 720万円
最高評価額 5,613万円
(+4,893万円)
最低評価額 453万円
(-267万円)
平均評価額 1,686万円
(+966万円)
元本割れ回数 17回
元本割れ確率 1.7%

30年間で720万円の投資に対し、平均1,686万円、453万円~5,613万円の間で分散しました。計算上元本割れが生じるということは、たぶんリターンに対してリスクが高いのでしょうね。

実際には、投資信託特有のコストや税金が発生するため、この結果よりも低い評価額になると予想されます(投資信託にはどんな税金がかかるの?)。

no image
投資信託にはどんな税金がかかるの?

投資信託の運用益には税金はかかります。 しかし、源泉徴収されますので、あなたが手を煩わせることはありません。 あなたが受け取る利益に直結するのでしっかりと理解しておきたい分野です。 [スポンサーリンク …

続きを見る

720万円投資して、ざっくりと1,200~1,300万円ぐらいに達すれば、御の字かなと思います(これは筆者の適当な予想です)。

SBI資産設計オープンはこんな人にオススメ

  • SBI証券を利用している人
  • リスクとリターンのバランスのとれた投資信託を探している人
  • 国内投資比率の高いバランスファンドを探している人

信託報酬の面で、正直なところ、2017年現在では積極的に選ぶ理由を失ったかな、とも感じますが、

  • eMAXIS 8資産均等型や世界経済インデックスファンドよりは低いリスクでの運用を期待できる
  • 野村インデックスファンド内外7資産バランス型よりは高いリターンを期待できる

という点で、様々あるバランスファンドの中堅的な存在になっています。

以下は、情報会社「モーニングスター」のウェブサイトにて、

  • SBI資産設計オープン(黄)
  • 世界経済インデックスファンド(赤)
  • eMAXIS 8資産均等型(緑)
  • 野村インデックスファンド内外7資産バランス(青)

の4つのリターンを重ね合わせたものです。

この結果では、過去3年間でSBI資産設計オープンは野村インデックスファンド内外7資産バランスとほぼ同じ成績になっています。

他2つが下振れしているのは、きっと投資先に新興国を含んでいるからでしょうね。

というわけで、それなりのリスクとリターンを期待したいあなた向けの投資信託と言えそうです。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • SBI資産設計オープンは複数ある著名なバランスファンドの中ではミドルリスクミドルリターンな存在
  • 過去の実績に基づく限りは、リターンに対してリスクが高い
  • 新興国を含まないため、中国やインドには投資しない

です。

過去の実績で、リターンに対してリスクが高くなってしまったのは日本株の低迷が原因ですよね。

もう少し日本株が値上がりしやすくなれば、パフォーマンスも改善すると思います。

バランスファンドの比較も作りました。

バランスファンドの簡単な比較!どれか1つ選ぶなら?

いろんなバランスファンドの記事を書いたので、ついでに簡単に比較してみます。 ぱっと見全て同じに見えるんですが、実はちょっとずつ違うんですね。 なお、以下では、乱数シミュレーションを利用して算出した、バ …

続きを見る

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-投資信託の銘柄
-,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.