つみたてNISAとiDeCoを中心にした投資信託の長期投資ブログ

東北投信

リンクユニット




積立NISA(つみたてNISA)

つみたてNISAで選べる主なハイリスクハイリターン商品とその特徴

投稿日:2019年7月26日 更新日:

結論から述べると、つみたてNISAでの主なハイリスクハイリターン商品は株式100%で運用するものです。

★ハイリスクハイリターンな商品には以下のような名前がついています

  • 新興国株式
  • 先進国株式
  • 米国株式
  • 日本株式(日経225・TOPIX・JPX400)
  • 全世界株式

ネット(Twitterやブログなど)で話題になる商品の多くは株式100%で運用するもので、その多くはハイリスクハイリターンな結果が期待されるものです。

ここではハイリスクハイリターン商品として主な商品例などを一緒に見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

つみたてNISAで選べるハイリスクハイリターン商品の特徴

効率的フロンティア

出典:JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019のデータを用いて筆者作成

つみたてNISA対象商品の内、ハイリスクハイリターンな商品のキーワードは以下の通りです。

  • 新興国株式
  • 先進国株式
  • 米国株式
  • 日本株式(日経225・TOPIX・JPX400)
  • 全世界株式

基本的に、株式100%で運用する商品はいずれも価格変動が大きいためリスクが高いです。特に新興国株式はその傾向が強めです。

先進国株式や米国株式、日本株式は新興国株式ほどではないものの、やはり大きく価格が動く可能性があります。2008年のリーマンショックではいずれも40~50%以上の下落を記録しています。

SNSでは「米国株式 or 全世界株式に投資しよう」という声が強いのですが、これらはハイリスクハイリターン商品への投資になりますので、その点は事前に知っておいてほしいです。

つみたてNISAで選べる主なハイリスクハイリターン商品

おそらくネットや書籍で目にしたことのある商品が多く並んでいると思います。

新興国株式

MSCIエマージングマーケットインデックスの構成国のイメージ

おおよその投資国のイメージ

eMAXIS slim 新興国株式インデックス

【つみたてNISA】ニッセイ新興国株式インデックスファンドの特徴。将来予測や暴落シミュレーションなど

結論から述べると、ニッセイ新興国株式インデックスファンドは良い商品ですが、以下の2点で注意が必要です。 ニッセイ新興国株式インデックスファンドの純資産は少ない 新興国株式クラス自体がハイリスクハイリタ …

続きを見る

eMAXIS slim 新興国株式インデックスは、もっともハイリスクな新興国株式クラスの中で純資産が多く、選びやすい商品です。 中国や韓国、台湾などのアジア各国の他、ブラジルやロシアなどを投資対象にしています。

先進国株式

先進国株式(日本除く)の投資先

おおよその投資国のイメージ

eMAXIS slim 先進国株式インデックス

【つみたてNISA】eMAXIS slim 先進国株式インデックスが凄いことになっていた!

先進国株式への投資はニッセイ外国株式インデックスファンド。そう思っていた時代がありました。しかし、最近になってこの公式は崩れ去っていました。 2019年5月現在、先進国株式への投資は「eMAXIS s …

続きを見る

eMAXIS slim 先進国株式インデックスはもはやつみたてNISAで最も有名な商品の1つとも言える商品で、日本を除く先進国株式に投資します。先進国株式の約65%前後は米国株式が占めていますので、米国株式 + 欧州各国株式と考えれば分かりやすいと思います。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンドの投資先
ニッセイ外国株式インデックスファンドの特徴。信託報酬引き下げで業界トップの座へ!?

投信ブロガーがこぞって買う投資信託と言えば「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」。SBI証券や楽天証券のランキングで目にすることも多い投資信託です。 「投信ブロガーが選ぶ! …

続きを見る

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS slim 先進国株式インデックスのライバル的商品で、やはりこちらも日本を除く先進国株式に投資します。eMAXIS slim 先進国株式インデックスとの大きな違いは運用会社が異なることで、それ以外の特徴はおおよそ同じといっても差し支えありません。

よく「慣れた」インデックス投資家は、運用会社の姿勢で選ぶことがあります。というのも、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用会社であるニッセイアセットマネジメントは業界の低コスト化競争の先駆者なのに対し、eMAXIS slim 先進国株式インデックスの運用会社の三菱UFJ国際投信は「自らは信託報酬を下げないが、ライバルが下げたら下げる」という追従の姿勢をみせているからです。この後追いを嫌い、ニッセイアセットマネジメントを支持する投資家は結構いらっしゃるのです。

運用会社として、より規模が大きいのは三菱UFJ国際投信です。そういう意味で、先進国株式クラスに投資したい際には、特にこだわりがなければeMAXIS slim 先進国株式インデックスを選んでおけば良いと思います。

米国株式

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS slimシリーズ
eMAXIS slim 米国株式(S&P500)信託報酬引き下げで業界最強の人気商品へ

2018年7月3日より運用が始まった「eMAXIS slim 米国株式(S&P500)」。 運用半年で、つみたてNISAの人気ファンドの1つになりました。 実際、個人投資家も米国株式に投資して …

続きを見る

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)は米国株式約500社から成る「S&P500」指数と同等の成果を得るための商品です。その名前の通り、投資先は100%米国株式のみで、米国企業の反映に全てを賭ける商品です。

リーマンショック以降、米国株式のパフォーマンスが良かったことから、ネット上には米国株式の「追従者」が多くいらっしゃいます。彼らは米国株式への集中投資の利点を語りますが、基本的にはつみたてNISAのようなインデックス投資はある程度の分散性を確保したほうが安心です(初心者は特に)。

米国株人気はここ2~3年ですよね。なぜかと言うと、米国株のパフォーマンスが良かったんですよね。それって米国株の擁護者が、米国株が下がったときに増えたなら本物。直近のパフォーマンスが良かったから増えているなら、投資でよくある後追い現象になりうる。

これは米国株が悪いという意味ではないです。たしかにS&P500はものすごいリターンを出してきました。でもインデックス投資は「選ばない投資」をすべきなので、選好の入ったインデックス投資になっていると思います。

(中略)

私は全世界株式を選ぶべきだと思います。その心は「国・地域を選ばない」という基本から。

出典:カン・チュンド氏にインタビュー!つみたてNISAから米国株vs先進国株、2000万円問題まで全部聞きました!

もちろん、集中投資することのメリット・デメリットを知った上で米国株式のみで運用するのは問題ありません。が、「xxさんがそう言ってるから」「xxという有名なブログに書いてたから」という話を鵜呑みにするのはどうかご注意ください(彼らはあなたの運用の責任を取らないのです!)。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天全米株式インデックスファンド
【つみたてNISA】楽天全米株式インデックスファンドの評価と比較。米国投資の注目ファンド

2017年に誕生した「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は「Fund of the year 2018」でも第4位に入賞する注目投信。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 20 …

続きを見る

楽天・全米株式インデックス・ファンドは基本的にeMAXIS slim 米国株式(S&P500)同様に米国のみに投資しますが、小型株を含む点で異なります。厳密には楽天・全米株式インデックス・ファンドは米国の全上場企業を投資対象としており、eMAXIS slim 米国株式(S&P500)よりも投資範囲が広くなっています。

ただし、相関係数はほぼ1に近く、運用成績はほぼ同じになりそうです。

日本株式(日経225・TOPIX・JPX400)

ニッセイ日経225インデックスファンド

【つみたてNISA】ニッセイ日経225インデックスファンドに毎月1万円投資したら20年後いくらに?

「ニッセイ日経225インデックスファンド」はつみたてNISA対象商品のうち、積立設定件数の多い投資信託の1つ。 あなたが国内株式への積み立てを検討した際に、投資候補の1つに入れているかもしれません。 …

続きを見る

ニッセイ日経225インデックスファンドは日本の日経平均株価を構成する225銘柄に投資します。アクティブファンドの「ひふみプラス」を除くと、もっとも純資産の豊富な国内株式向けのインデックスファンドです。

全世界株式

オール・カントリーの投資先

おおよその投資国のイメージ

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)のお金の流れ
【つみたてNISA】eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)が凄いってホント?どのぐらい儲かる?

結論から言うと、資産運用はオール・カントリーと現金だけでも十分です。 近年は世界的に市場の相関性が高まっており、細かくアセットアロケーションを組む必要性が薄れてきたためです(詳しくは下記の記事を)。 …

続きを見る

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)は日本を含む先進国株式と新興国株式に投資を行ないます。文字通り全世界が投資対象で、インデックス投資の分散性を追及した究極とも言える商品の1つです。

この商品を選ぶと、新興国株式、先進国株式、米国株式、日本株式の各資産クラスから商品を選ぶ必要がなくなります。これらの国々には株式の時価総額比率で投資されていますので、各国経済の伸張や衰退も気にする必要がなくなるのです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

楽天全世界株式インデックスファンド
【つみたてNISA】楽天全世界株式インデックスファンドに毎月1万円積み立てると20年後いくらに?

2019年7月現在、投資信託の積み立てについて議論するならば、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))」の話は避けては通れません。 2017年9月に設定され …

続きを見る

楽天・全世界株式インデックス・ファンドeMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)同様に日本を含む先進国株式と新興国株式に投資を行ないます。但し商品の仕組みが若干異なっており、楽天・全世界株式インデックス・ファンドは米国バンガード社のETF「バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)」を通じて全世界投資を行ないます。そういう意味では、eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)とは直接比較することはできませんが、「全世界に投資する」という商品の目的は同じです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 株式100%で運用する商品はハイリスクハイリターンな運用成績になりがち。特に新興国株式はその傾向が強い
  • SNS(ブログやTwitter)などで有名な商品は大抵ハイリスクハイリターンな商品。ブログ主とあなたのリスク許容度は異なる可能性があるので、自身の経験に併せて選ぼう(つみたてNISAが初めての投資ならバランスファンドでもいい)
  • 「米国株式だけでOK」「日本株式は絶対投資するな」といった極端な物言いは熟考の上で判断したい。判断に迷ったら全世界株式のように全てに投資する商品を選ぶことをオススメ

ちなみに銀行などでつみたてNISAを利用する場合には、ここで挙げた商品は販売していないかもしれません。そのような場合には、

  • つみたて先進国株式
  • つみたて日本株式
  • eMAXISシリーズ(slimではない。いわゆるfatシリーズ)のうち、先進国株式など

などを探してみることをオススメします。

参考になりましたら、応援クリック(応援タップ)お願いします!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村へ

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

「2000万円問題」に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
SBI証券で抽選でTポイントを貰えるキャンペーン実施中!総額2000万円相当(2019年9月30日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年10月】つみたてNISAオススメ証券会社3選

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.