eMAXIS slim 全世界株式とSBI全世界株式(雪だるま)はどちらがいい?

3. 商品選択と組み合わせ




以前はeMAXIS slim の全世界株式(オール・カントリー)と除く日本を比較し、「リターン重視なら日本株は外したほうがいい(少なくとも過去はそうだった)」という話題を紹介しました。

全世界株式(オールカントリー)と「除く日本」を選ぶ際の判断ポイント
今日のインスタは「全世界株式(除く日本)」の話題なので、記事もついでに除く日本の話題にしてみます。結論から述べると、 ★オールカントリーと「除く日本」を選ぶ際の判断ポイント リター...

今回は別の商品として、SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま全世界株式)をeMAXIS slim の全世界株式との比較に使ってみます。

結論から述べると、SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま全世界株式)はちょっと曲者です。全世界株式相当のパフォーマンスは出るものの、インデックスファンドとしての性能はイマイチなので、選びにくい点があります。

もし、SBI証券のiDeCoで「除く日本」と「雪だるま全世界」で迷ってるなら、「除く日本」でも良いかもしれませんね。

以下、詳しく見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

eMAXIS slim 全世界株式とSBI全世界株式(雪だるま)の成績比較

結論から述べると、米国株が強い状況では除く日本がSBI・全世界株式インデックス・ファンドを上回ります

今回はeMAXIS slim 全世界株式(除く日本)とSBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま全世界株式)の設定後の運用成績を比較してみました。参考のために、雪だるま全世界と同じベンチマークを採用している楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)も比較対象に加えています。

eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)とSBI・全世界株式インデックス・ファンドの成績比較

基本的に除く日本の成績が良くなるのは以前の記事でも紹介した通りです。これは除く日本は日本株を除くことで、相対的に高パフォーマンスな米国株の比率を高めているためです。

米国株の調子が良い時はACWI ex JP(全世界株式(除く日本))の成績が上回り(パフォーマンスが上方向にのびる)、米国株の調子が悪い時はACWI(全世界株式)の成績が上回る(パフォーマンスが下方向に伸びる)との関係が見えます。

全世界株式(オールカントリー)と「除く日本」を選ぶ際の判断ポイント
今日のインスタは「全世界株式(除く日本)」の話題なので、記事もついでに除く日本の話題にしてみます。結論から述べると、 ★オールカントリーと「除く日本」を選ぶ際の判断ポイント リター...

この期間でSBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま全世界株式)の運用成績が良かったのは、ちょうど巣ごもり相場が終わり、バリューな銘柄が強かった2020年8月~2021年4月頃でした。

eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)とSBI・全世界株式インデックス・ファンドの成績の差分

ちなみに下落率で見ると以下の通り。

eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)とSBI・全世界株式インデックス・ファンドのパフォーマンス(下落率)

よく似ていますが、時々少し差がついてますね。

雪だるま全世界株式を選びにくい理由

さて、SBI・全世界株式インデックス・ファンドは商品的に少し不安があります。3つのETFをマザーファンドに使うため、ベンチマークの運用と乖離が大きいのです。

【2020年】つみたてNISAのおすすめ全世界株式ファンドは?
2020年10月末時点でつみたてNISA(積立NISA)対象の全世界株式インデックスファンドのうち、おすすめできる銘柄を解説します。 全世界株式に投資するものは、日本を含むもの、日本を除くもの、...

そのため、パフォーマンスを抜きに、インデックスファンドの性能の良し悪しでは積極的に選びにくい商品です。

今回比較に用いた楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)とのパフォーマンス差を見ると、「SBI・全世界株式インデックス・ファンドが低コストにも関わらず、同じベンチマークの楽天VTに負けている」のがわかります。

SBI・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全世界株式インデックス・ファンドの成績差

これはベンチマークと実際の運用で投資国の比率が異なっている(要するにトラッキングの問題)である可能性があります。

という理由から、eMAXIS slim の全世界株式(オールカントリーも除く日本も)とSBI・全世界株式インデックス・ファンドで迷った時は、eMAXIS slimから選んだほうが、性能の良いファンドを選べます

iDeCoで悩む点かも。。

冒頭で述べたように、この選択はSBI証券のiDeCoで迷うところかもしれませんね。

SBI証券で雪だるま全世界株式を選ぶよりかは、楽天証券で楽天VTなどを選んだほうが良いと思いますが、不思議と「iDeCoはSBI証券がいい」みたいな話になってる気がします。

オルカン目当てでSBI証券に申し込んだら、実は除く日本でオルカンじゃなかったって方も結構いらっしゃると思います。そこで、「除く日本か雪だるま全世界株式か」の選択にぶち当たるわけですね。

もし、「除く日本」と「雪だるま全世界」で迷ってるなら、除く日本でも良いかもしれませんね。私たちは既に日本の資産(円預金や円建て保険など)を持っているという観点から。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)とSBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま全世界株式)を比較
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンドは運用の仕組み上、ベンチマークからの乖離が大きい可能性。インデックスファンドの性能としてはあまりよくない
  • SBI証券のiDeCoの全世界株式で迷っているなら、除く日本でも良いかもしれない

今回、投稿で紹介したeMAXIS slim 全世界株式(除く日本)は以下の記事にて解説しています。

【つみたてNISA】eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)に1万円投資すると20年後いくらに?
2018年3月19日より「eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)」の運用が始まりました。 この投資信託は「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」に引き続き、低コスト投資信託の定...

もし米国株とどちらが良いか迷ってましたら、以下の記事もご覧ください。

全世界株式と米国株式のどっちに投資すればよい?2020年時点の考えをまとめる
例えば、つみたてNISAの商品選びにおいて、「全世界株式と米国株式のどっちに投資すればよい?」という質問をよくいただきます。 今回は過去30年の相場を参考に、全世界株式と米国株式のどちらに投資す...