青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

投資信託の銘柄 積立NISA(つみたてNISA)

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)が4月3日から運用開始。1万円投資したら20年後いくらに?

投稿日:2018年3月20日 更新日:

最近、優れた投資信託を繰り出してくる、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS slimシリーズ」。

2018年4月3日より「eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)」というちょっと変わった投資信託が販売される予定です。

eMAXIS slim 公式サイト

この商品は、3つの資産クラスからなるバランスファンドで、あまり例をみないポートフォリオ(アセットアロケーション)で特徴的です。

この記事ではeMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)の商品性を紹介することで、あなたは

  • eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)とはどのような商品か
  • 投資すると将来いくらになりそうか
  • もし値下がりするなら、どういった理由で値下がりするか

を知ることができます。

以下、一緒に商品性を見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)とは

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)(協会コード:03312184)は、三菱UFJ国際投信が運用する、つみたてNISA対応の投資信託です。

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型) | 三菱UFJ国際投信

eMAXIS slimシリーズは、もはや説明不要、つみたてNISAで資産形成の本命となる「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」を内包する低コストインデックスファンドシリーズです。

eMAXIS slim 公式サイト

「eMAXIS slim」シリーズで資産形成を始めよう。10の商品の特徴と比較をまとめて紹介

この記事では、改めて「eMAXIS slim」シリーズとは、を解説します。 先進国株式インデックスやバランス(8資産均等型)など、有名な商品もありますが、一方で、 eMAXIS slim シリーズの違 …

続きを見る

日本・先進国・新興国の株式に3分の1ずつ投資

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)とは

  • 日本株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式

の3つの株式に均等に(3分の1ずつ)投資する投資信託です。

あまり例を見ない配分ですが、ニッセイアセットマネジメントが既に「ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)」という、同じ比率で運用する商品を販売しており、おそらくそのライバルとして登場したものと思われます。

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式) | ニッセイアセットマネジメント

今のところ、2017年に設定されたニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)の純資産が2,000万円しかないことを考えると、eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)も爆発的に売れるかはちょっと疑わしい感じがしますね。

「eMAXIS slim 先進国株式」などとの違い

「eMAXIS slim」シリーズと言えば、最近圧倒的な信託報酬の引き下げで一躍注目の的になっている「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」があります。

【つみたてNISA】eMAXIS slim 先進国株式インデックスが凄いことになっていた!

先進国株式への投資はニッセイ外国株式インデックスファンド。 そう思っていた時代がありました。 しかし、最近になってこの公式は崩れ去っていました。 2018年5月現在、先進国株式への投資は「eMAXIS …

続きを見る

この商品とeMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)を比較すると以下の通り。

先進国株式 3地域均等型
日本株式 0 33.3
先進国株式 100 33.3
新興国株式 0 33.3

ご覧の通り、日本株式と新興国株式の比率が高く、先進国株式の比率が低い点で異なります。

もう1つ、2018年3月19日から運用が始まった「eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)」とも比較してみます。

【つみたてNISA】eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)に1万円投資すると20年後いくらに?

2018年3月19日より「eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)」の運用が始まりました。 この投資信託は「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」に引き続き、低コスト投資信託の定番にな …

続きを見る

全世界株式 3地域均等型
日本株式 0 33.3
先進国株式 約87% 33.3
新興国株式 約13% 33.3

いずれにせよ、日本株式と新興国株式の比率が高い点が特徴です。

日本と新興国への投資ってどう?

気になるのはそこですよね。

過去のデータに基づく限り、

  • 日本は株価の変動リスクが高い割りにリターンは少なかった市場
  • 新興国はときどき大きく儲かるが、経済的なイベントで株価が大きく下落しやすい市場(やはりリスクが高い)

と、どちらも難しい市場だったりします。

また、新興国は人口が増えて経済が成長すれば株価が上がりそうなイメージもありますが、実際にはそうとは限りません。

インターネットが発達した現在は、すでに多くの投資家が新興国に投資を行っており、新興国は「これから株価が上がるだろうと投資家が既に投資している」市場でもあるのです。

つみたてNISAで新興国への投資は必要なのか?

「つみたてNISAで新興国への投資は必要なのか?」 これは筆者も疑問に思ってたところなので、一緒に考えてみたい話題です。 経済成長すれば株価も上がるでしょ? 人口増えれば株価も上がるでしょ? 新興国っ …

続きを見る

この商品自体もやはり扱いが難しく、「通好み」な商品だと思います。

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)に毎月1万円を投資したらいくらに

乱数シミュレーション(モンテカルロ法)で、将来予想も求めてみましょう。

myINDEXのデータを用いて、過去20年間、日本株式、先進国株式、新興国株式に33%ずつ投資を行ったと仮定すると、その平均リターンは

  • リターン:5.8%
  • リスク:18.8%

と求まります。

「リターン:5.8%」から、3地域均等型の信託報酬(0.15336%)を差し引くと、以下のようになります。

  • リターン:5.64664%(5.8 – 0.15336)
  • リスク:18.8%

このリターンとリスクを利用して、モンテカルロ法を走らせました。

以下で述べる成績はあなたの将来の運用成績を約束するものではありません

計算結果:20年後の推定成績

平均リターンによる算出

商品 3地域均等型
計算回数 1,000回
運用年数 20年
総投資金額 240万円
(1万円 × 12ヶ月 × 20年)
最高評価額 2228万円
(+1,988万円)
最低評価額 100万円
(-140万円)
平均評価額 444万円
(+204万円)
元本割れ回数 180回
元本割れ確率 18.0%

このように240万円を投資すると、20年後に平均444万円と求まりました。

実質リターンを用いて算出すると・・・?

が、実際には444万円よりも低くなる可能性が高いです。

機械的に求める平均リターンと、実際にお金を投資して得られる実質リターンには開きがあるからです

参考までに、3地域均等型の目論見書(今後発行予定)に掲載されているベンチマークの、2008年から2017年までの平均リターンと実質リターンを求めると下記のようになります。

平均リターン 実質リターン
3地域均等型 6.66% 2.1%
  • 平均リターン:毎年の利回りを機械的に平均化したもの
  • 実質リターン:2008年に1万円投資し、2017年終了時点での運用益から利回りを算出したもの

この実質リターン(2.1%)から、20年後の成績を求めると、240万円の投資に対し298万円(58万円の利益)になります。

以上を踏まえ、300万円かそれを上回る評価額になれば、良い結果だと言えると思います。

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)で失敗したくないあなたへ

投資信託の運用で失敗しないためにも、

  • どういったときに値下がりするか
  • 最悪の場合、1年間でどの程度値下がりするか

もチェックしておきましょう。

3地域均等型の値下がり要因は?

日本を含む、海外の株式へ投資する商品ですから、株価と為替相場が基準価額に大きく影響を与えます

  • 株価リスク:日本・先進国・新興国の株式市場が値下がりすると、基準価額も下がります
  • 為替リスク:円高になると基準価額が下がります

3地域均等型の「見込み最大損失額」はいくらか

myINDEXのリスクとリターンを使って、eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)に投資した時に生じうる「見込み最大損失額」を算出しました。

これは、仮に1年間で「最悪の下落」を経験した際に、投資額のいくらを失うかを求めたものです。

過去のデータに基づく算出ですので、目安としてご覧ください

eMAXIS slim 先進国株式
リターン(%) 5.64664
リスク(%) 18.8
見込み最大損失額
(投資額の%)
32

計算上、eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)は、1年間で投資額の32%の評価損を抱える可能性があります。

仮に100万円投資後に酷い相場を経験すると、1年後に68万円になっている計算です。

この結果がきついと考えるならもっとリスクの低い投資信託を、妥当だと考えるなら本商品を選びください

[スポンサーリンク]

まとめ

  • eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)は日本・先進国・新興国の3地域に3分の1ずつ投資。ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)のライバル
  • アメリカを中心とする先進国に比べ、日本と新興国はリスクの高い市場。万人向けというよりも通好みの商品
  • 1万円を20年間投資すると300万円を超える程度になりそう。1年間で32%の下落を経験する可能性もあるので、「できるだけ損失を減らしたい」なら別の商品を

あなたが投資初心者なら、オーソドックスなeMAXIS slim 先進国株式や全世界株式(除く日本)のほうをオススメします。

eMAXIS slim 全世界株式(3地域均等型)は4月3日以降にSBI証券などのネット証券で取引できる見込みです。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-投資信託の銘柄, 積立NISA(つみたてNISA)
-,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.