青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

お金

年収300万円の人が資産運用で貯金を増やすための方法

投稿日:2017年11月11日 更新日:

本記事は「年収300万で貯金を増やす良い方法は」という検索ワードに対する答えを考えたいと思います。

最近は、「稼いでる人は稼いでいるものの、稼いでいない人は稼いでいない」という二極化が進んでいるとされています。

年収300万円といえば、どちらかといえば稼いでない方です(世帯年収分布でいえば、下位40〜50%に属します)。

それでも独身一人暮らしだと十分生活できますけど、家族を持っていたり、奨学金の返済を抱えていたりすると厳しいですよね。

というわけで、考えてみたい年収300万円で貯金を増やす方法。

[スポンサーリンク]

収入を増やして支出を減らす

基本的に、すごく簡単な方法で貯金を増やすなんて難しい話です。

この手の話、「楽してうまくいく方法」を探す人が多いのですが、現実的には「地道にコツコツ」のほうが強いと思います

そこで、

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

の両面から、生活の見直しを図ります。

収入を増やす

よく言われますが、副業とか投資とかですよね。

勤め先の会社に副業禁止のルールがあると厳しいのですが、普通に副業に取り組めるとするならば、時間との引き換えで多少の収入をつくれます。

比較的うまくいきやすいのが、クラウドワークスなどのサイトを使って仕事を受注する方法。

よくあるライター業だと買い叩かれることも多いものの、「仕事がある」という点では簡単です。

あとは、投資とか。

最近は仮想通貨が熱いので、FX代わりに利用している人は多いと思います(投資というか投機に近いのですが・・・)。

会社ばれを防ぐ方法

副業を始めると、あなたが副業で得た収入に対して税金が発生するために、会社の年末調整の計算が合わなくなり、面倒が起こる場合があります。

よくある話として、経理担当に呼び出されて「何かやってる?」と聞かれる話ですよね。

副業禁止の会社で見つかってしまうと、罰を受ける可能性があります。

そこで、その場合には、ライター業などの副業は行わず、投資を通じて収入を増やすことを目指したほうがよいと思います。

  • NISAを利用すれば税金がかかりません
  • 一度購入した株式や投資信託を売却(決済)しなければ、税金は発生しません

楽天スーパーポイントも会社ばれを防げる

例えば、楽天アフィリエイトなどを利用して、収入を楽天スーパーポイントとしてもらうと、ポイントなので会社ばれを防げます。

あなたが会社員の場合、得たポイントが年額20万円相当以上になると、確定申告が必要になるかもしれませんが、そこまで稼がなければ大丈夫。

例えば、ポイントを稼いで、そのポイントで日用品を買う。一方、日用品を買うつもりだったお金をそのまま貯蓄に回す、ということです。

最近は楽天スーパーポイントで投資信託を買えますので、ポイントから資産形成を始めるのも1つの方法です。

支出を減らす

生活費をみなおし、支出を減らすことで、その差額分をお金として残します。

比較的節約しやすいのが、通信費です。

といっても筆者は格安スマホを使ったことがないので、強くお勧めはできないのですが、通信3社のスマホを利用するよりも、月額5,000円ぐらいは安くできます。

また、惰性で月額契約しているようなものがあれば、契約を解除するのも1つの手です。例えば、ネットでも読める新聞は、ネットでの契約に切り替えたほうが安価になることが多いです。

なお、どんなに頑張っても支出を削減できる範囲は限られます。そのため、支出のカットだけで貯蓄の問題を解決しようとするのはやめたほうが良いと思います。

お金を貯める仕組みを作る

これもよく言われますが、お金を貯められない人は、そもそもお金を貯める仕組みを作れていないことが多いです。

「貯金できない人」が気づかない残念な習慣 | 東洋経済Online

仕組み化すればいいのです。おカネを貰ってしまって、そこから貯金するのが難しいということであれば、おカネを貰う前にあらかじめ一定の金額を別にしておくように仕組み化するのです。

毎月引き落としに設定してみる

これは筆者の話ですが、最近は

  • 毎月5,000円の生命保険(じぶんの積立)
  • 毎月30,000円のiDeCo
  • 毎月15,000円の投信積立

を全て口座引き落としに設定しており、筆者自身が止められないようにしています。

合算すると、毎月5万円の支払いで結構厳しいんですが、これはもう貯めるための仕組みです。

「お金が余ったら貯めよう」だと全然貯められないんですよね。もともと貯められない、ということは、現在の生活でお金は余ってないということなので

それなら、毎月5000円でも1万円でもいいので、何か貯蓄のための引き落としを設定してみるのも1つの手段だと思います。

そうすれば、必然的にどこかを節約することになるかと思います。

体験談:年収300万円で1年で50万円貯めました

昔、筆者が年収300万円で会社員やってたとき(まだ投資も副業も何もやってなかったとき)は、1年間で50万円ほど貯蓄していました。

この時は、もう給与日にお金を引き出し、そのうちの3万円程度は手をつけることなく、貯蓄用口座に入れてました。

もちろん、どうしても苦しくてそちらから引き出してしまうこともあったんですけど、ボーナスのときに全部戻したりして。

この時も何か特別なことをやったのではなく、単にお金を使ってしまう前に貯めただけです。

ある程度お金がたまってくると、お金を貯めるのが楽しみになると思います。そうすると、貯蓄のスピードは早まるはずです。

現在の筆者は無意味な貯蓄には否定的なんですが、それでも資産残高が増えるのは楽しみなので、投資という形でお金を残すことにしています。

お釣りを投資してみる

「貯める仕組みなんてつくれねーよ」ってあなたは、普段の買い物で生じたお釣りを投資してみるのはいかがでしょうか。

例えば、トラノコというサービスはお釣りを投資できるサービスです。

お釣りで投資 トラノコ

あなたがこのサービスを利用すると、

  1. トラノコに登録したクレジットカード・電子マネー・銀行口座からお釣りの金額情報を取得
  2. その取得した金額を登録した銀行口座から引き落とし(引き落としの上限を設定可能)
  3. 引き落とされたお金を3つの投資信託で運用

といった手順で、お金の貯蓄と運用を開始できます。

お釣りはちょうど切りのよい数字からの引き算で決まります。

例えば、450円なら50円、980円なら20円で、最低5円から投資可能です。

ほかにも、マメタスというサービスもあります。

マメタス | WealthNavi

こちらは現在WealthNavi(ロボアド)を運用している人向けのお釣り投資サービスです。

クレジットカードを使う

クレジットカードのポイント還元を利用すると、現金払いよりもお得になることが多いです。

少なくとも、

  • 楽天カード(使って楽天スーパーポイントをひたすら貯める)
  • イオンカード(イオンやマックスバリュで使うと超お得)
  • ビューカード(JR東の路線に乗るならお得。通勤しているなら定期付きでポイントがさらにたまる)

のいずれかを作っておくと、ポイント還元の旨味を堪能できます。

金利を支払う使い方(分割払い・リボ払い)は絶対にしない

注意点として、ポイントを得るためにカードを使うのですから、

  • 金利のつく分割払い
  • リボ払い

は厳禁です。これらは毎月の支払いがゆるくなる代わりに高額な利息を支払うこととなり、長い目でみればお金を失う方向に進みます。

クレカのポイント還元って1%や2%といったところですが、リボ払いの金利は15%とかかなり高いですからね。

せっかくお金を増やすために作ったのに、利息でお金を失うのは本末転倒です。

最後の手段「転職」

一番リスクのある手段ですが、より給与の高い会社に転職して、収入を増やす手もありますね。

これは、今の会社でばりばりに働いていて「俺の給与は妥当じゃない!!」と不満を抱えている人向きです。

転職で逆に収入が減ることもありますので、投資を始めるよりもリスクの高い方法です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • お金を増やすためには、収入を増やし、支出を減らすことを考える
  • お金がたまるための仕組みを作る。引き落としを使ったり、支払いのお釣りを投資したり
  • クレジットカードを利用した還元もお金を貯める方法の1つ。ただし、金利がつく分割払いやリボ払いは絶対に利用しないこと

税金などで面倒なことになりたくなければ、

  • 節約
  • 引き落としを利用した貯蓄
  • クレジットカードの還元

あたりをメインに利用していくのがよいと思います。

とりあえず、毎月1万円でもよいので、積立定期なり、積立投信なり設定してみると、お金はたまると思いますよ!

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年10月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-お金

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.